高速道路は私たちの生活にとりましても、とても重要な役割を果していると考えられるインフラです。私たちが直接早い時間で移動するためにも使用されますが、その他に日常の色々な物資の輸送につきましても、この道路は多く利用されているのです。
このような高速道路は様々な車が通行しているのですが、その中には大型車両も多く走っているのです。物資の輸送のためであることが考えられます。大型車両の中でも特に大きな車両があります。それがトレーラーです。特にこの車種は、荷台部分がかなり横にはみ出していることが、一般車両に対しては注意点となります。その為にトレーラーはキープレフトをすることが求められているのです。
この車両は、車体自体がものすごく大きな乗り物となりますので、あまり加速力がありません。そのような条件で右車線を走られたら、渋滞を引き起こす事はもちろんのこと、後ろからの追突事故を引き起こしてしまうかも知れないのです。また車両総重量が大きくなるために、速い速度で走っている際に追突事故を起こしてしまえば、その被害は必ず甚大なものになります。そういうことから、トレーラーの法定速度は低めの時速80kmに設定されているのです。
いずれのことも交通事故を未然に防ぐための措置と考えられるのです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。