高速道路を走行することで一般道と違い燃費がよくなることがあります。 これは高速走行のときに、一般道と違ってブレーキの回数が少なくなり、加速の回数が減ることにより安定した走行が出来るということが実現するからで、しかしながら、高速が信号がないとは言え、一定以上のスピードを出すことにより、常に加速している状態をつくれば、逆にガソリンの消費が多くなってしまうこともあります。

高速走行でより燃費を良くするには、適度にアクセルから足を離すということに心掛けることが大切となります。 アクセルから足を離すことで、スロットルバルブが閉まり、燃料の消費が少なくなります。 高速は一般道路以上にアップダウンがあります。 下り坂では重力にまかせてアクセルから足を離し、さらに平らな道でも100キロを越えれば一度アクセルから足を離し、80キロ程度まで速度が落ちれば、また踏みこむというようなことを繰り返し、加速時においても強くアクセルを踏み込まずに数回に別けて踏み込み、加速時の負荷を分散することで燃料の節約が出来るでしょう。

下り坂を上手く利用して上り坂の加速時の負担を軽減させるのも良いです。 たったこれだけの方法で1リッターあたり2キロ程度は燃費が良くなるでしょう。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。