昔の外車は左ハンドル仕様車が一般的でした。 しかし、最近の外車の多くは右ハンドル仕様車が一般的となっています。

そもそも左ハンドル仕様車と言うのは、日本向けに作られている自動車ではなく、海外のディーラーなどが日本に輸出を行っているものとなるのです。 その点、右ハンドル仕様車と言うのは、日本向けに作られている外車であり、日本の環境や風土、環境などに順応した形で設計されているのが特徴です。 そのため、右ハンドルの外車は国内の気候などにも対応していますので故障が少ないのが特徴です。

また、日本は右側通行であり、高速道路の料金所での精算や、ファミリーレストランなどの駐車場での発券システムと言うのは全て右側に設置されていますので左ハンドル仕様車では券を取りにくいと言うデメリットが有ります。

助手席に誰かが座っていれば問題は有りませんが、一人で運転をしている場合にはシートベルトをはずし、助手席の窓を開けて券を取ると言った行動が必要になります。 それ故に、日本国内における環境には順応していないという事になります。

但し、この左ハンドルに拘る人は多いもので、不便な自動車であったとしても左側にハンドルが付いている事で満足感を得たいと考える人も多い事からも、外国で輸出された外車に人気があるわけです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。